×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
INDEXHOME
  04/10/18:秋田駒ケ岳(国見温泉〜〜大焼砂〜横岳〜男女岳〜男岳〜ムーミン谷〜国見温泉)
  メンバー:Roots

 



 【行程】

   9:50 国見温泉登山口
  10:35 横長根分岐点 1175
  11:15 横岳ムーミン谷分岐 1364 
  11:50 横岳男岳分岐 1582
         シュート植生確認、写真撮影
  12:30 男女岳
         斜面確認、写真撮影
  13:15 男岳
         昼食、休憩
  13:50 下山開始
  14:15 ムーミン谷      
  14:35 横岳ムーミン谷分岐 1364
  15:00 横長根分岐点 1175
  15:30 国見温泉
        国見温泉で〆

  朝から青空の秋晴れのなか、晩秋の秋田駒ケ岳に1人で行ってきました。単独で山に入るのは実は初めて。今回の目的は今シーズンはたくさん滑る?であろう駒の雪が降る直前の植生を見に行く事。それから滑走斜面 になるはずの現場の地形把握。あとこの時期の駒の風景を楽しむ事。

 単独と言う事もありはやく出発したかったのですが色々雑用をこなしてから家を出た為に国見温泉に着いたのは9時半。準備をさっさと済まして登りはじめとなりました。稜線に出るまでは秋色に染まった登山道をのんびり登っていく。登っていくに従って紅葉も晩秋の様相になって、ここでは冬の到来を待つばかりと言った所か。およそ40分で横長根分岐へ到着。女岳小岳を手前に秋田駒ケ岳の山並も秋色に染まっているのが見えた。

  遠くに見える目的のシュートはすっかり草紅葉で茶色に染まりここも秋色に染まっていた。1364分岐あたりで写 真を撮り、ムーミン谷の風景を楽しむ。大焼砂から1582分岐を経由してシュート上部へと向かう。この稜線は両側が切り立っていて冬は来てみないと状況は分からなそう。想像では反対側の阿弥陀池方向からしかアプローチは出来なさそうだ。各々のシュートの植生と岩の位 置から想像するドロップポイントを確認する。じっくりチェックして馬の背から阿弥陀池へと降りる。

 確認作業に結構時間をかけてしまった為に少し予定より時間が押している。阿弥陀池からは男女岳へ向かう。ここの北側の斜面 もアッスルスキー場からの簡単アプローチでお手軽BCフィールドになりそうなのでじっくりチェックする。先日行った乳頭山を遠くに確認したりして、景色も楽しむ。

 次は男岳へ向かう。男岳で昼食の大休憩をとり、1番シュートからムーミン谷へと向かう。ここの下りは足場が悪く結構難儀する。といいつつも1番シュートからみたムーミン谷は絶景。秋の枯れたアルペンチックなシュートとその底にひろがる緑の絨毯。素晴らしいコントラストが目に焼き付いて離れない。

 ムーミン谷へ降りてからは各シュートをじっくり観察。冬の光景を思い出しながら今シーズンの極上の1本を妄想する。

 1364分岐で日が傾いてきた駒の山容を眺めながら次回の白い駒を想像しつつ下山する事にした。駒の一人歩き。ゆっくりたくさん写 真を撮りながら晩秋の景色を楽しむ事が出来た。シーズンインもすぐそこまで来ています。

 
 
国見温泉
秋色の登山道
1364南東側
1364東側
女岳小岳
田沢湖
男岳
7番東側
大焼砂北側
大焼砂
1、2、3番シュート
横岳
男女岳
6番上部より笹森方向
7番シュート
7番シュート
下は阿弥陀池小屋
6番シュート
5番シュート
4番シュート
阿弥陀池
男女岳北側
男女岳北西側
乳頭山
男岳西側
4番シュート
ムーミン谷
1番下から
6番シュート
6番シュート
4、5番シュート
ムーミン谷
7番シュート
7番シュート
ブナの木ノ下で
 
秋色の登山道2
       

copyright (C) by roots. All rights reserved.