×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
INDEXHOME
  04/12/17:オープン前田沢湖スキー場
  メンバー:ishidaさん ぬまさん Roots

 


 さてはじまりました04-05シーズン。 例年になく雪不足の今シーズンはスキー場もオープン出来ない状態が続き、いつになったら滑れるのか・・・。そんななか関東からishidaさんが2年ぶりに遠征(実は御親戚 の結婚式に出席する為だったのですが)東北の秘湯を紹介する雑誌等には常連の乳頭温泉郷鶴の湯に1泊して初滑り企画がとり行われました。メンバーはishidaさん、ぬ まさん、そしてRoots。なんとも微妙なメンバーですが(笑) 実は3人とも似たような趣味を持っていて、乳等温泉に入る前に、僕の行きつけのスタジオにてギターセッション
を2時間程してからの移動でした。
 今回のishidaさんの遠征は、初滑り企画として2か月前から予定が組まれていました。平日と言う事もあり有名な鶴の湯と言えど空いてるのかと思いきや、満員御礼!!ここまでくると秘湯という言葉もどうなのか・・・・。まあそんなことはどうでもいいのですが、男3人での鶴の湯の夜はギターセッションの余韻を残しながら始まりました。

 鶴の湯への宿泊はishidaさんたっての希望で、この秘湯の雰囲気は関東から来たishidaさんの感性をくすぐるのでしょうか・・・山に囲まれた裸電球の灯だけがともる、ひなびた温泉宿のロケーションは確かに雰囲気満点!雪も降ってきたし翌日の初滑りを妄想しつつ、浸かり>飲み>浸かり>飲み>飲み>・・・・夜は更けていきましたとさ(笑)

 朝起きると昨夜から降っていた雪は約10cm 。滑るにはちょっと物足りない量 ですが、それでもなんとか滑りたい!そこでまずは一番標高の高い位置にあるスキー場の乳頭スキー場へ行ってみる事に。このスキー場実は昨シーズンからクローズしていて雪があったとしてもやってはいないのですが、行ってみると・・・・・全然ブッシュだらけ。そこで田沢湖スキー場をtopまでハイクする事になりました。

 スキー場へはかもしか駐車場からアプローチ。途中準備をしているとスキー場のパトロールらしき方々に「まだやってませんので気を付けて!」 とのお言葉・・・・ん〜〜止められるのかと思いきや、気を付けてと声を掛けるあたり山スキーのメッカと言うか、寛大だ〜〜と感心しつつ、それでもちょっと遠慮しながら端の方をハイクアップする。

 シーズン初の登り。トレーニング兼ねてと割り切ってまあダメもとで登りました。天気も上々で登りながらも気持ち良く最後のリフト乗り場まで上がりました。ここからはちょっと斜度もきつくなるんですがゲレンデは結構いい感じで雪が付いているのでリフト下を登る事に。ここでちょっと問題が・・・・ここまで効いていたシールがちょっと細すぎた為に効かなくなってきた。しかたなくツボで歩き始めるも結構深い。あと50mくらいが恨めしい距離となる・・・・。それでもだいぶ凹んだもののTopに付くと目の前にはノートラックのパウダーバーン!!!垂れてきそうな脳汁を我慢しつつ滑る準備をする。

 今回は3人とも実はテレマーク。このパウダーをテレで・・・・初滑りでちょっと自信がない・・・などと思いつつ、それでもファースト取りの為にじゃんけ〜〜ん。。。。ぬ まさん、おいら、そしてゲストのishidaさんが最後(苦笑)ちょっと気がひけたのですがここは素直に。と〜〜にかく気持ち良かった。初滑りでプチすねパウ。とりあえず目的達成で満足。

 スタジオのギターセッションからはじまった奇妙な初滑りセッション!乳頭温泉、露天風呂(ロックオン?)旨い飯、登り、プチパウダー、またまた温泉。。。。充実の初滑リでした!!

 追伸

 遠征最終日に行ったスキー場でもまたまたパウダー。。。。ゲレンデとは言え誰もいなけりゃひとりじめ。浮遊感と奇声が妙にシンクロしていつまでも余韻に浸りたい気分です。

 
 
鶴の湯露天
鶴の湯内湯
鶴の湯宿泊棟
鶴の湯本陣
鶴の湯正面
鶴の湯
ishidaさん
ぬまさん
雪ないです
これでは オープン
出来ないよね・・・
登りも心地いい
田沢湖をバックに
プチパウです
駒ヶ岳第3コース
ishidaさん初滑り

copyright (C) by roots. All rights reserved.