×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
INDEXHOME
  03/12/23ハイク&ビーコントレーニング
     
 

 '03-'04シーズンも始まりましたが、今シーズンはじめにゲットした山道具いろいろをとにかく使ってみて、自分なりに感覚をつかんでおきたかったので、これまた今シーズンから山に入ろうとしている僕の友人と、秋田駒へ岩手側から登ってみようかと思いましたがあまりの雪のなさにそのまま移動!秋田の田沢湖エリアへ秋田駒の偵察とハイク&ビーコントレーニングをしに行って来ました。

 昨シーズン最後に鳥海山を登る時にセキュラフィックスとシールと言う装備で途中まで上がりましたが、足にかかる負担とかかとの靴擦れに悩まされ結局ツボで登りました。今回は現場が今シーズンは営業しない乳頭スキー場のゲレンデ。登りは精々30分。時間的には全然トレーニングにもなりませんでしたが、G3のシール、セキュラフィックス、そしてパウダー板のバランスと自分の感覚をしっかり持てたのでいい感じで終われました。
 ゲレンデの状況は営業してないので整備はされていないのですが、あまりの雪の少なさにブッシュは出まくり、しかも本日暖かい・・・すべて終わって帰りの道沿いの寒暖計は8度になってました。。。。12月だと言うのに・・・

 ハイクトレの後は雪もなくてもう1回登って滑る気もしなかったので、ビーコン捜索練習しました。
ビーコンも1台だと持っていても何も出来ないので、こういう機会にと思いお互いにで隠しては探すと言う単純な方法で行いました。はじめてやってみた感想は、距離が近いのに特定しきれなかった最初の練習はちょっと焦りました。距離、方向、音・・・使ってみてそして練習してみて特性と言うか感覚がわかるんだなと言う事を痛感。50mから検出する表示も実際50mはないでしょ!と言う感じだったし、方向表示も反応の特性を理解した上で見ないとダメだなって事も分かったし、、、、とにかくはじめてだった上にお互い初心者!適当にやってもなんとか探せますが、とにかく早くとなると何回か練習してやっと慣れてくるって感じでした。一応よ〜いどんで探しはじめて3分以内で捜せるようにはなりましたが、実際はもっと深い所に埋まったりしてるわけでそうなると、ここだ!って判断がまだ自信持っては出来ないんだろうなあ。。。
 次回はもう一人追加して複数捜索の練習もしないといけないとも思いました。

 最後は 乳頭ですから温泉で〆!
八甲田キャンセルの為に4連休だった今回の休み。取りあえず今シーズンの山滑リの為の準備と言う意味では貴重な1日でした。

 
 
秋田駒(岩手側)
秋田駒全景
田沢湖スキー場北側
仙岩峠付近
田沢湖スキー場
乳頭スキー場
乳頭山1
乳頭山2
秋田駒男岳
秋田駒北側

copyright (C) Roots. All rights reserved.