×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
INDEXHOME
  04/02/08:秋田乳頭スキー場〜笹森山
  メンバー:るーつ、はこちゃん、たくぼんず

 
 

 3週連続の秋田駒山系。今週は先週裏からアタックに失敗した笹森山を乳頭スキー場(今シーズン営業休止)から行ってきました。今日のメンバーは僕とはこちゃん、たくぼんず。先週のリベンジとばかりに同じメンバー(笑)2週続けてというよりホントに今シーズンはマトモな状況にあたってないので何とか今日は良い思いをしたいと祈りながら、乳頭スキー場へ向かった。先週のホワイトアウトの体験から今日はデポ旗20本とGPSを導入。最悪来た道を戻って来れる準備をした。(先週の体験はホント怖かったからね!)GPSは前日届いたばかりなので使い方は最低限何とか覚えて持ってきたものの、いざ使おうと思った時に必要な機能を使用出来ないもどかしさ・・・もう少し訓練が必要(T-T)

 さて本日の行程です。

 [8:30]
 乳頭スキー場駐車場出発。
スキー場は営業休止状態と言う事から重雪膝ラッセル。足に絡み付く雪の重さにメンバーの顔色怪しくなる。。。。どこまで行けるかな・・・?
スキー場を抜けるとツリーに入る。ツリーはあまり密ではないブナ林。このブナ林を両側に沢を見ながらハイクアップする事になる。斜度はほとんどない斜面 だがツリーの中にもかかわらず雪の量は多い。終止重パウ膝〜ももラッセルが延々と続いた。今日のラッセルはホントにきつかったがその他に途中問題もあった。今シーズンに限った事ではないのだがどうも2時間以上のハイクをすると、かかとの内側にマメを作ってしまう。最近はまめが出来る部分にテーピングを貼って事前に対策をしていて調子が良かったのだが、今朝ちょっと朝起きるのが遅くて貼ってくるのを忘れてしまった。途中までは何も気にならなかったのだがどうも途中から擦れて痛い・・・。気になったので休憩の時にブーツを脱いで確認したらやっぱりまめ形成。カット判を貼りその上からテーピングを貼ったらその後調子は上々。そのままハイクアップを続けた。ハイクアップのルート的には3ケ所全行程の1割程度の急登がある。その他は緩斜面 7割、ほぼ平地2割という雰囲気。ブナ林独特の間隔と夏道のピンクリボンがあるので間違えるkとはほぼない。順調に高度を稼ぎツリーをハイクアップして行く。

 
 [12:00]
 笹森山直下深林限界地点到着。
高度が上がってくるとブナ林についた雪が幻想的な雰囲気を感じさせてくれる。樹氷とも違う、霧氷とも違うなんとも言えない後継。おとぎの国を思わせる雰囲気を堪能しながらハイクアップを続けるとツリーの向こう側に真っ白な巨大な斜面 を見つける。ついに来たか笹森!3時間以上の重パウ膝ラッセルの疲れも忘れてメンバーの足どりは急に上がる(笑)目の前に広がるのは斜面 中腹に横に一直線に発達した巨大な雪屁。雪崩の巣とはこういう場所を言うのだろうか。大きく突き出した岩肌!エクストリームなこういう斜面 を滑りたいと言う欲望と雪崩れるかも?と言う恐怖・・・・
ここから夏道はこの斜面の裏に回り込むように進む。とりあえず夏道方面に移動して斜面 の状況を確認してみる事に。途中デブリと思われる雪の塊がごろごろ転がっている。またまたここで恐怖・・・。
それでも2週続けて敗退しているのでなんとか滑れない物かと途中まで直登してみる事にした。と思い登りはじめるが登ってるそばから弱層により斜面 が割れる。深さ5cm。ここで時間も12時を過ぎた事から降りる事に。

 [12:30]
 滑走開始。
帰りもほぼ登りのルートを今回はそのまま引き返す事になる。滑りの準備をしていざ滑走開始。メローなツリー斜面 と膝上まで来る重いパウダーにメンバー苦戦。ほとんど走らない板を無理矢理滑走モードへ。。。。といきたいのだが全然ダメ。ある程度の斜度のあるオープンを見つけては勢い良くいくものの重パウに大苦戦。3ケ所の急斜も滑ってみれば・・・。まあそれでも今日の状態ではこれが限度か?なんて自分に言い聞かせながら滑りは今週もストレスたまりまくり。しかも急斜が終わってからの平地トラバースはボードのはこちゃんたくぼんずにとっては拷問に近い仕打ち・・・・。泣きながら降りてきました。

 [14:00]
 下山、滑走終了。
ツリーを抜ければ最後はスキー場。だ〜〜れも滑ってないオープン(^_^;ところが案の定滑りはじめるとこれまた重パウに敗退。結局気持ちよく滑れた斜面 全行程の・・・・考えたくない。。。は〜〜〜
スキー場の中でも止まってしまったなんて。。。
最後はスノーマウント?(かまくらじゃん!!)でお昼で〆!

 [今日の反省]
1)GPSをもう少しちゃんと使えるようにならないと。
2)行先はGPSに登録しておく事
3)地形図から緯度経度を読めるようになった方がイイのかな
4)やっぱり靴擦れ対策は必ずなるから対策しなくてはダメ
5)ペットボトルの中身凍らせない方法何かないかな?

 [今日の収穫]
1)やっと秋田駒核心部へ行けた。笹森ピークは後1時間必要
2)今日のルートはスノーボードではしんどい。スキーでも最後のトラバースは結構きつかった。
3)もう少し良いルートがないか?検討事項


3週続けて行ってるので大分秋田駒装備と言うか良い感じになってきました。あとは滑るのみ。3月は絶対に当てるぞ!
はこちゃん、たくぼんずおつかれさまでした!

 
 
乳頭スキー場
リフトはこれだけ
沢を右に見ながら
休憩はこ
休憩たくぼんず
おとぎの国
の先に
突然広がる
爆裂シュート
ちょっとだけ
     
スノーマウント?

copyright (C) Roots. All rights reserved.