×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
水槽1
水槽2
その他
INDEX HOME


 

このページはRootsが今まで管理してきた水槽を写真とともに紹介しています。
最初の頃の水槽は気ままに撮っていた写真が多く時期もアバウトです。

更新頻度は適当です(笑)。気ままにご覧下さい(^^)






     
 
2005年6月18日
 1か月半が経ちました。ちょっと問題発生。初期導入したヤマトヌマエビがこの3週程でほとんど★になってしまった。水質悪化以外考えられない・・・。あと下草に苔が侵略。。。黒いひげ状藻。一番取れない苔で水質が安定していても発生します。でも今回はエビも一気に星になってしまったので、フィルターの濾過能力が悪くなっていた可能性が....。1年くらいフィルター掃除してなかったからなあ。ということでこの日フィルター掃除してみました。さてどう変わって行くかな?
 
 
2005年5月23日
 2週間が経ちました。大分レイアウトも落ち着いてきました。向かって右側にCO2の出口があるのですが左側とのバランスも結果 的にとれてきました 。右側で飛び出してきたナンセアンをいつトリミングしようか考え中。ちなみに一番左のロタラspものびてます。。。コケもなし、水も安定してます。
 
 

2005年5月17日
 1週間が経ちました。順調です。コケもでませんし、水もすこぶる安定してます。魚の状態もいいです。マッドグロッソが少し落ち気味ですが他はイイ感じで生長してます。向かって左側の方が光量 が多いので成長バランスはちょっと悪いですね(^_^;

 
 
2005年5月9日
毎年恒例化してきたGWのリセット
今回もロタラ中心の水槽です
ロタラインジカ、ロタラセイロン、グリーンロタラ、ロタラSP、ロタラマクランドラ、ロタラマクランドラミニ、グリーンロタラ、ロタラナンセアン、ホシクサマッドグロッソ、ケヤリ草、ルドビジアsp、ルドビジアグランデュローザ、ニードルリーフルドビジア、トニナリオマディラ、スターレンジ、ラージマヤカ、ミリオフィラム、エキノドルスオリエンタル、ウィローモス、テネルス、
 
 

2005年4月
 一年前にリセットしてからほぼ植え替え無しで維持しました。途中エビ様の力を借りたりもしましたが、マッドグロッソも順調に成長して株分けもをしました。基本的にはロタラ水槽は変わらずですが、水草全部数えると25種類くらいは入ってるのかもしれません(数えてないので不確定・・・(笑))
 とりあえず安定しているのでこのままもう少し維持して行こうと思ってます。

 
 
2005年3月
 久しぶりのらんちゅう水槽です。いまはシンプルにエキノドルスのオリエンタルとアングスティフォリア、ミクロソリウムウィンディーローブとウィローモスを流木に配置して、前景にはニムファを配置しています。何度やっても小さい水槽は難しいです。水量 が少ないと水質悪化が始まるとあっという間にバランスが破綻して水草も調子を落します。現在はCO2、エアレーションもなしです。なるべく手をかけないで大丈夫な水槽を目指してます。
 
 
2004年5月
前回から半年過ぎたあたりでどうも水槽の調子が突然落ちてきたのでおもいきってリセットしました。たぶん有茎が伸び過ぎて水が循環しなくなったのが原因だと思うんですが、苔苔大魔王の降臨を久々に受けました(笑)
そしてリセット後です。使用水草は変わりません。追加はセンターにマッドグロッソが鎮座しています。さて今回はどうなるでしょ。
 
 
2003年12月
リセットから3か月が経ちました。
下の写真から考えると別の水槽ですね(笑)
当初の予定通りになったかどうかは写真で判断して頂くとして
この写真を撮る直前まで苔に悩まされていました。
1週間程前にミナミヌマエビ70匹投入で苔も収束しました。
エビさん感謝感謝!
今までの3か月で今回のレイアウトについて考えてみると、まずロタラと一口に言っても成長スピードが種類によって大分違うのでレイアウトを維持するのが難しい事。そしてその成長をそろえながらトリミングしていくのも大変ですね。ちなみにトリミングは少しづつこまめにが鉄則でしょうか...
 
 
2003年9月
約1年ぶりにフルリセットしました。砂もソイルからサンドに変更して今回はロタラに偏った水槽を作ってみる事にしました。ロタラも色々種類があり見た目も様々。ボリュームのあるレイアウトになる予定なんですが、とりあえず最初はこんな感じでしょうか。。。
センター右側にエキノドルスのオリエンタルを配置して流木にボルビをからめたもので立体感をだして、後ろから各種ロタラがオーバーハングして来ると 綺麗になるじゃないかなと言う予想のもとに植え込んでみました。
さてさてどうなるでしょう?
 



またこのコンテンツの写真及び画像は御自由にお持ち下さい。その場合メールにて御一報下されば幸いです。


copyright (C) by roots. All rights reserved.